会社設立に関わる税務の相談は税理士へ

ニュース

2014/05/31
会社設立の概要を更新
2014/05/31
相談とはを更新

最近の投稿

税理士の概要

税理士とは税務の専門家であり、3つの独占業務を行使出来る。
独占業務とは法律によって独占が認められている仕事を意味しており、その内容は税務代理と税務書類の作成及び税務相談である。
またこれらの独占業務を行う上で必要となる記帳代行や財務書類の作成も行う。
3つの独占業務の他に重要となる税理士の仕事が企業防衛である。
企業防衛とは顧客である企業を守ることであり、手形詐欺や取引先の倒産などの影響を最小限に抑える提案を行う。

税理士と付き合うメリット

money税理士は創業間もない頃から関わることの多い士業である。それは会計処理や税務処理の相談や指導を受けるだけでなく、日々の経営問題を相談できるメリットがあるからである。
また税理士は各方面とのつながりがあり、窓口として他の士業を紹介してくれることが多いのもメリットである。労務関係なら社会保険労務士、不動産登記や商業登記であれば司法書士、訴訟関係なら弁護士に引き合わせてくれるのである。
また他の顧客を紹介してくれることもあり、それが縁でビジネスに発展することもある。

税理士

zeirishi税理士法に定める国家資格であり、それとなる資格を有するもののうち、日本税理士会連合会に備える名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けたものをいう。
試験を受け11科目あるうち5科目以上取ることが必須である。なお試験を受ける権利もあるため大変困難である。
数多くの難関を突破することでその資格は与えられるのである。
収入も個人で事務所を持てばかなりのものになる。


関連リンク

税理士に頼みたいこと:専門的なお金のことは相談する